ハウツー

オウンドメディアに最適なWordPressテーマの選び方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
オウンドメディアに最適なWordPressテーマの選び方、4つのポイントとは

オウンドメディアをWordPressで作る際に、まず重要なのはテーマの選び方。(WordPressでのテーマは、デザインテンプレートのこと)最近は「オウンドメディアにあうWordPressテーマ〇選」といった記事がよく出ていますが、テーマの種類が多すぎて選び方がわからない…という問題があります

「制作会社にまかせている」というオウンドメディア担当者も多いのではないでしょうか?もちろん信頼できる制作会社なら、安心かもしれません。とはいえ、もし運用しづらいテーマで構築してしまうと、後々面倒になることも…。カスタマイズしたいときに時間やコストが余計にかかってしまう、という事態になりかねません。

テーマはあとから変更できますが、テーマの切り替えとなると実は多くのチェック作業が発生します。全ページの表示チェックのほか、プラグインが問題なく動作するかのチェックも必要。コンテンツ量が増えてくると、気軽にテーマを変更するわけにもいきません。

そこでオウンドメディア担当者として知っておきたい、WordPressテーマの選び方に関するポイントをまとめました!

(1)日本でオウンドメディアによく使われているWordPressテーマか?

WordPressのテーマは無料・有料あわせて本当にたくさんあります。まずは、国内で他のオウンドメディアなどのサイトに多く採用されているテーマを選ぶのがポイント。これは、トラブル解決に関する情報が得やすいためです。

例えば相性の悪いプラグインの情報や画面のカスタマイズに関する対処法など、人気の高いWordPressテーマなら、誰かがブログで解決策を残していることも。特に無料のWordPressテーマの場合、基本的にサポートはありません。そのため他のユーザーが対応したという情報は貴重です。

人気があるかどうかは、まずWordPressの公式サイトでチェックしてみるのがおすすめです。レビュー情報が載っていれば、参考にしましょう。また、テーマ名でGoogle検索してみるのも一つの方法です。使ってみた方の感想やトラブル対応の経緯なども載っているかもしれません。

英語が得意な方は、海外での評価が高いWordPressテーマを選ぶというのももちろんOKです!

他社オウンドメディアが使っているWordPressテーマを調べるには?

ちなみに…他社のオウンドメディアがどんなWordPressテーマを使っているか知りたい!という方も多いのではないでしょうか?

こんなときは、「What WordPress Theme Is That?」というサイトでチェックすることができます。

ほかにも、Chromeブラウザの拡張プラグイン「WPSNIFFER – WordPress Themes Sniffer」を使って調べる方法もあります。

参考にしたいオウンドメディアがあれば、一度使っているWordPressテーマをチェックしてみてはいかがでしょうか?(※どちらのツールも、調査できないケースはあるのでご注意を)

(2)カスタマイズしやすいWordPressテーマか?

企業のオウンドメディアを構築する場合、WordPressテーマをそのまま使うというのは少ないですよね。実際にはブランドや企業のイメージに合わせて、デザインなどをカスタマイズするケースがほとんどではないでしょうか。

つまり、WordPressテーマを選ぶ際にはカスタマイズする前提で考える必要があります。トップページやコンテンツページのほか、ヘッダやフッタ、メニューなどの各エリアについて、どこまでカスタマイズできるかをあらかじめ検証しておきましょう。

もちろんソースレベルで修正することはどのテーマでも可能です。ただし、テーマがバージョンアップしたときに修正した内容が上書きされ、元に戻ってしまうことも。まずはWordPressの管理画面上でどこまでカスタマイズできるか知っておきたいところ。

またNGなプラグインがあるかどうかも調べておきたいところ。例えばどうしてもこのプラグインは入れておきたい、というときに問題なく使えるか検証しておく必要があります。

テーマによっては、相性の悪いプラグインがあります。画面表示がくずれるだけではなく、ページそのものが機能しなくなることもありますので要注意です!

(3)WordPressテーマにCTA設定機能があるか?

CTA(Call To Action)とは、コンテンツのすぐ下に、ユーザーに行動させるためのリンクやボタンを表示すること。

たとえばコンテンツを読んだユーザーを、資料請求・お問い合わせ・メルマガ登録などへ誘導したいときによく使われます。記事を読んだ直後に表示されるので、他のエリアよりも誘導しやすいというメリットがあります。

たいていのオウンドメディアの場合、PVやUUも重要ですが、記事を読んだユーザーのアクション数も重要な指標。つまりコンテンツをフックに呼び込んだユーザーをCTAによって次の行動に移せるかどうかで、オウンドメディアの効果が大きく変わります

オウンドメディアの場合、今すぐ使わなくても将来的にCTAエリアが必要になることはほぼ間違いありません。

CTAエリアとして管理できれば、あとから一括修正したり、コンテンツのカテゴリごとにCTA表示内容を変えたりできます。オウンドメディアにおいてはCTAは必須と考えても過言ではありません!

最近のメジャーなWordPressテーマでは、あらかじめCTAエリアを簡単に設定できる機能が備わっています。ただし一部のテーマでは、CAT設定機能がないものもやはりあります。

CTA設定はプラグインでも対応できますが、やはりテーマの機能として備わっているほうが使い勝手がよいでしょう。WordPressテーマを選ぶ際には、CTAエリアの設定ができるか事前にチェックしておくことをおすすめします。

(4)WordPressテーマにランディングページ設定機能があるか?

一部のWordPressテーマでは、通常の記事投稿とは別に、ランディングページとしてコンテンツを掲載できる機能があります。

例えば「Xeory」というWordPressテーマにあるランディングページ機能では、ヘッダーや左カラムがないレイアウトでランディングページをアップできます。(ランディングページではメニューなど他の導線をあえて外し、誘導したいリンクに絞り込む手法がよく使われます)

企業が運営するオウンドメディアでは、広告別のランディングページを設けることもありますし、期間限定のキャンペーンページを設けるという機会も多いのではないでしょうか。

WordPressテーマにランディングページ機能があれば、必要な時にすぐに準備できて便利です。さらにランディングページを設けるときの制作コストがおさえられるというメリットもあります。

オウンドメディアに必須、というところまではいきませんが、テーマにランディングページ機能があるかどうかチェックしておきましょう。

※一部のWordPressテーマでは、「LP機能」や「固定ページ機能」という表現をしている場合もあります。

まとめ

オウンドメディアを作るときにWordPressテーマを選ぶ際、どうしてもデザイン重視で考えてしまいがちです。(確かにデザインのよさも重要ではありますが)

とはいえ見た目だけで選ぶと、運用が始まってから「やりたいカスタマイズができない」「思ったような効果が出ない」ことも。

「SEO」「レスポンシブ対応」というのも、WordPressテーマ選びでは外せないポイントです。とはいえ現状のWordPressテーマの場合、SEOとレスポンシブ対応は対応済みというものがほとんどのようです。そこで今回は、あえて外しました。

オウンドメディアの目的によって求めるレイアウトやデザインは違いますが、紹介した4つのポイントはイントはどんなオウンドメディアにとっても重要。WordPessテーマを選ぶときに、ぜひ参考にしてみてください!