ハウツー

オウンドメディアの予算が足りない&相場がわからないときの解決策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
オウンドメディアの予算が足りない&相場がわからないときの解決策

オウンドメディアの立ち上げを検討するとき、避けて通れないのが予算。どのくらいオウンドメディアの予算として見ておけばいいかわからない、という方も多いのではないでしょうか?複数社の見積もりを取ってみたものの、各社の見積もりに差がありすぎて判断しづらい…というケースもあるようです。

できるだけ少ないコストでおさえたいところですが、あまりに安い見積もりだと、かえって心配ですよね。

また社内でどうやって予算を取るかという点も、オウンドメディア担当者が悩むポイント。特に中小企業の場合、限られた予算の中でオウンドメディアにかかる費用をどう捻出するか、大きな課題です。

そこで今回はオウンドメディアの立ち上げでつまずきやすい予算面について、おさえておくべき予算感や予算の取り方、オウンドメディアにも使える助成金情報など…予算にまつわるトピックをまとめました!

オウンドメディア構築にはどれくらいの予算を見ておくべき?

オウンドメディアというと、「WordPressなどフリーのCMSを使えばほとんどコストをかけずに構築できる」というイメージがありますよね。ただし個人のブログとは違って、効果を生みだすオウンドメディアを構築するためには、それなりの予算を見ておく必要があります。

例えば、オウンドメディアの立ち上げには以下のような費用がかかります。

  • 全体コンサルティング・ディレクション費用
  • CMS導入などのシステム構築、デザインカスタマイズ費用
  • サーバ構築やドメインにかかる費用
  • コンテンツにかかる費用(記事作成・編集)
  • プロモーションにかかる費用(SEO対策・広告出稿)

中小企業のオウンドメディア担当者へヒアリングしたところ、オウンドメディアの立ち上げ予算としてはおおよそ100万円~200万円というところが多いようです。(もちろん、オウンドメディアの規模や求める機能によってこの金額は変動します)

なお各社の見積もりに大きな差がある場合、考えられる原因は2つあります。

1つめは「要件の洗い出しが十分できていない」ということ。必要な機能やコンテンツの規模などの要件がはっきりしていないと、制作会社・コンサルティング会社によって見積もりがズレやすくなります。当初設けておきたいコンテンツ数や必要な画像数なども含めて、オウンドメディアに必要な条件を検討してから見積もりをとりましょう。

2つめは、「制作やコンサルティング体制の違い」です。大手の制作会社では関わるプロジェクトメンバーも増えるため、その分見積額は大きくアップします。ただし人数が多いほうがスムーズな進行が可能か?と言えば、そうとも限りません。大手の制作会社にオウンドメディアを依頼したものの「営業担当は優秀だったのに、実際の制作チームはいまいちだった」ということもあります。

かえって小規模なところの方が、フットワークが軽く柔軟に対応してくれるケースも。まずは小規模でも信頼できるパートナーを探した方がよいでしょう。オウンドメディアの見積もりを出してもらうときに、どんな体制で進めるつもりか体制図をもらうのがおすすめです。

オウンドメディアの予算は広告宣伝費が主流

オウンドメディアの予算は、マーケティング施策の一環として「広告宣伝費」として考えるのが一般的。以前の記事「オウンドメディア失敗事例にならないための3つの解決策」でもご紹介したように、コーポレートサイトやチラシなど他の広告費からスライドする方法もあります。

ただし広告宣伝費の予算から出す場合、効果が出るまでに時間がかかるオウンドメディアでは、「短期的に見ると費用対効果が悪い」という結論になってしまいがちです。

長期的な視点で考えたいところ…と言うのは簡単ですが、現実には難しい話です。3か月・6か月の間で全く結果が見えないと、オウンドメディア運営の予算を削られてしまうかもしれません!

初めのオウンドメディア構築の予算をとる段階で、対策しておくことが重要。できるだけ、一般的な広告とオウンドメディアの構築を差別化しておくのがポイントです。

例えば、「市場調査」という名目でオウンドメディアを立ち上げる方法もあります。新たな見込み客を獲得するとともに、まずは見込み客のニーズを把握するためにオウンドメディアを活用する、というスタンス。

オウンドメディア内でどんなコンテンツの人気が高いかを調査したり、オウンドメディアを通じてユーザーの意見・要望を集めてレポートにしたり。直接的な効果が出るまでは、こうした方向で進める戦略もあります。

ほかにもコンバージョンや売上以外の指標で、費用対効果を算出するのも有効です。以前の記事「社内に成果をアピールできるオウンドメディアの12指標」でもご紹介したように、オウンドメディアの指標はいくつもあります。

オウンドメディアを運営していると、ある記事がSNSで広くシェアされたり、ネットニュースに取り上げられたりする可能性もあります。こうした場合ではコンバージョンにつながらなくとも、「ブランディング・認知度向上につながった!」として効果をアピールすることもできます。

オウンドメディアの予算がどうしても足りないときの対処法

オウンドメディアの立ち上げの際に要件をまとめていると、やりたいことが多すぎて予算に収まらない!という状態になります。他の予算からもまわせない…というときでも、担当者として知っておきたい解決策を2つご紹介します。

(1)フェーズ分けをする

よくあるパターンが1次フェーズとして優先順位が高い機能・コンテンツを搭載し、残りの開発・制作を2次フェーズとして行うケース。制作スケジュールもフェーズを分けることで、ゆるやかになりしっかり検証できるメリットもあります。

ただし多くの機能を2次フェーズに回してしまうと、1次フェーズではクオリティの低いオウンドメディアとして公開することになります。こうなると積極的にプロモーションすることが難しくなることも。

また、正式なリリース前に期待感をあおるためのティザーサイトを設ける方法もあります。(ティザーは焦らす、という意味。正式発表前に情報を小出しにすることでユーザーの興味を正式発表まで持たせるという狙いがあります)ただしティザーサイト自体の構築費用もかかりますので、その予算もプラスして考えておく必要があります。

(2)助成金・補助金の利用を検討する

特に中小企業向けに、ホームページ制作費などに充てられる助成金や補助金があります。利用するには様々な条件がありますが、制作費の一部を補填できるチャンス。ただしオウンドメディアの場合、開発やデザイン、コンテンツ制作などタスクが幅広いので該当するかどうかチェックしておきましょう。

例えば「小規模事業者持続化補助金」では、対象になればWeb制作予算のうち2/3まで(上限50万円)補助してもらえます。ほかにも「IT導入補助金」(上限100万円)といったものもあります。全国レベルで展開している助成金・補助金だけではなく、各自治体でも独自に助成金を設けているところもありますので、調べてみることをおすすめします

ただし助成金・補助金は審査を受けるために手続きが必要だったり、募集期間が決まっていたりなどさまざまなハードルがありますのでご注意ください。またほとんどの助成金はかかった経費に対して補助されるますので、外部業者へ支払ったあとに一部費用が戻ってくる、というイメージです。お金が支払われるタイミングについても事前に確認しておきたいところです!

まとめ

オウンドメディアを初めて手掛ける場合、予算のことがわからず戸惑うことも多いはず。ポイントとしては、本記事で紹介したように3つあります。

  1. 要件を整理した上で、各社の見積もりをチェックする
  2. 広告費の予算から出す場合は一般的な広告と差別化しておく
  3. 予算が足りないときの対処法をあらかじめ検討しておく

オウンドメディアでは、立ち上げ時の予算だけではなくランニングコストも重要。コンスタントに記事をアップしていくためには、制作費もある程度毎月予算を取っておく必要があります。あわせて継続してプロモーションをしていくための宣伝費用も必要となります。

立ち上げ時にできれば3年間の予算は組んでおきたいところですが、難しいようでしたらまずは1年間の想定でシミュレーションしてみましょう!