オウンドメディア運用を
もっと楽しくするメディア

戦略をもってオウンドメディアを運営すれば、見込客は自然に集まります。
大切なのは、正しいポジションの確立、そして最適なコンテンツの配信です。

OPERATION - 運用

Update 2021.08.10

社内でオウンドメディアの広告管理するために必須なものとは?

オウンドメディアを使って広告収入を目指すとき、「どうやって広告を管理するか」という問題も出てきます。

大規模なオウンドメディアなら、広告代理店に任せる方法もあるかも。でも小規模・中規模のオウンドメディアになると、社内で広告管理をするケースがほとんどだと思います。

ただ社内で広告管理をやろうとしても、「社内にノウハウがなくどう取り組んでいいかわからない」という悩みがあるのではないでしょうか?でもオウンドメディアのマネタイズを目指すなら、広告管理業務は避けて通れません!広告管理をしっかりできるかどうかで、効果も変わってきますから。

そこで、まずオウンドメディア運営担当として知っておきたい広告管理業務の基本をまとめました。あわせてオウンドメディアの広告管理に欠かせないツールも紹介します!

オウンドメディアの広告管理って実際にはどんな業務?

広告管理に慣れていないと、広告管理業務の具体的な内容がイメージしづらいかもしれません。オウンドメディアが他社(もしくは自社)の広告を載せるとき、主に「広告出稿管理」と「効果測定(レポーティング)」という2つの業務が広告管理となります。

広告出稿管理

オウンドメディアに外部広告を載せる場合、「いつ、どの枠にどの広告を掲載するか」というスケジュールを決めて運用することになります。

ただ掲載期間や掲載場所だけではなく、実はさまざまな条件で広告掲載をコントロールする必要があるんですよね。

例えば「事前に設定した表示件数を超えたら広告を非表示にする」「予算を超えたタイミングで広告を非表示にする」というケースも。広告効果を上げるにはさまざまな設定がからむので、意外と複雑な業務なんです。

効果測定(レポーティング)

広告出稿者や社内に対して、広告効果をレポートで報告する必要がありますよね。広告ごとに表示数、クリック数、コンバージョン数などのデータを収集し、レポートにまとめるのも広告管理業務に含まれます

オウンドメディアには広告管理ツールが必須

広告管理業務は複雑な設定も多いので、手動で行うのはかなり厳しい。手動ではどうしてもミスが起こりやすくなりますし、そもそも手間がかかりすぎます!

例えば「〇月●日の×時まで広告を表示する」という場合、その時間ぴったりに作業するのはかなり難しいですよね。つまりオウンドメディアの規模に関わらず、広告管理には専用ツールが必須です。

広告管理ツールを使えば、設定した配信期間や条件で自動的に広告を表示したり非表示にしたりできます。また1つの広告枠にランダムで広告を載せるなんてことも可能。運用だけではなく、レポーティングも広告配信ツールがあればほぼ自動化できるはずです。

Googleの広告管理ツール「アドマネージャー」は使える?

実はGoogleが提供している広告管理ツールもあります!Googleアドマネージャー」はオウンドメディアなどのWebサイトやモバイルアプリ向けに提供されている広告管理ツールで(※以前は「DoubleClick for Publishes」という名称でしたが、現在は変更されています)。

Googleアドマネージャー

「Googleアドマネージャー」は基本的に無料で利用できます。実はインプレッション数によって有料になる場合もありますが、中小規模のオウンドメディアであればそらく無料で使えると思います。

配信日時や条件をあらかじめ設定しておけば、自動で運用してくれます。レポーティング機能ももちろんあります。

直接取引している広告はもちろん、アドセンスやアフィリエイト広告もまとめて管理できるのがGoogleアドマネージャーの特長。さらに地域などでユーザーをセグメントして、広告を配信する機能もあります。

ただGoogleアドマネージャーは、操作がわかりづらいという大きな問題があります。はじめて広告管理業務を行う方は、正直使うのが厳しいかもしれません。さらにGoogleのツールなので、サポートは全く期待できません。

もうひとつ気になる点が、Googleアドマネージャーを利用するには、アドセンスのアカウントが必要という点。ここでつまづく方も多いかもしれません。

Googleアドマネージャーは無料で使えるメリットはあるものの、広告管理業務に慣れている人向けですね。オウンドメディア運用担当にとっては正直、ちょっとハードルが高い。あまりおすすめできません。

初心者でも使いやすい広告管理ツールとは?

最近では、Webメディアが使える有料の広告管理ツールも増えてきました。ただ広告配信ツールは大規模メディア向けが多く、費用が高いのがネック。ある広告配信ツールの料金プランを見ると、初期費用が30万円・月額費用が最低5万円となっています。

でももう少しリーズナブルで、初心者でも使いやすい広告配信ツールもあります!例えば「アドクロック」という広告配信ツールは、月額1万円台から利用できます

「アドクロック」は導入も簡単。オウンドメディアの広告枠にタグを一旦設定しておけばあとはアドクロックの管理画面で広告の運用が可能。

掲載期間の予約もできるので、例えばキャンペーン期間中だけ広告を掲載するなんてこともできます。設定できる項目がすごく多いわけではないですが、オウンドメディアに必要な機能はおさえられていると思いますね。

また「アドクロック」を使う大きなメリットが、レポーティング。リアルタイムで管理画面上に結果が見られるのは便利ですね。

「アドクロック」ではインプレッション数、クリック数、コンバージョン数と広告効果の測定に必要な数字を管理画面で常にチェックできます。手動でのレポーティング作業はほぼ不要になるのではないでしょうか?

「アドクロック」の価格は、最も安いASP版の場合は月額1万円台。ただASP版は共用サーバのため、独自ドメインが使えないなどの制約があります。

そこで上位プランも検討したいところ。上位プランは、独自サーバを含めた専用パックとなります。

「アドクロック」の専用パックは初期費用66,000円、月額費用が38,500円(税込)から。これでも一般的な広告配信ツールと比べると、かなりリーズナブル。また自社で複数のオウンドメディアを運営している場合、共通して使える可能性もありますね。

また専用パックプランはサポートが充実しているので、初心者に向いています。操作に関する問い合わせだけではなくて、例えば他社サービスとの連携についての問い合わせもカバーしてもらえます。

こういったサポートはGoogleのツールでは期待できないので、「アドクロック」の大きなメリットじゃないでしょうか。

広告配信ツール「アドクロック」の機能や料金プランを見る

まとめ

オウンドメディアのマネタイズ手段のひとつとして、広告掲載を考える方は多いはず。でもここで問題になるのが、広告管理。代理店に任せるほどの予算はないし、とはいえ社内で対応できる体制もないし…と悩むケースも多いようです。

こんなときは、社内で効率よく広告管理できるツールの導入が必須ツールを使えば、広告出稿業務やレポーティング業務の自動化が実現します。代理店に任せず社内で対応すれば、広告管理のノウハウを社内に蓄積できるのもメリットです。

ただし、注意したいのが広告配信ツールの選び方。Googleでも無料で使える広告配信ツールを提供していますが…初心者にはかなり難しい。結局、手間がかかってしまいます。

広告管理業務に慣れていない方は、使いやすさとサポートが受けられるというポイントで広告配信ツールを選びたいところ。最近はさまざまな広告配信ツールが出ていますが、「アドクロック」あたりのリーズナブルでシンプルな広告配信ツールがおすすめです!


■ SNS SHARE

RELATED POSTS
関連記事

POPURAR POSTS
人気の記事