オウンドメディア運用を
もっと楽しくするメディア

戦略をもってオウンドメディアを運営すれば、見込客は自然に集まります。
大切なのは、正しいポジションの確立、そして最適なコンテンツの配信です。

OPERATION - 運用

Update 2021.01.04

BtoBメールマーケティングに最適なメルマガ配信ツール3選

BtoB企業の場合、コロナ禍によってリアルな営業が難しいという課題がありますよね。顧客とのつながりをどう維持するかに悩む方も多いのではないでしょうか。こうしたコロナ禍の状況において、実はBtoBメールマーケティング、つまりメルマガがあらためて見直されています

世界のメールマガジン平均開封率は2020年の3月後半から上昇、4月の平均開封率は1月と比べて約7%もアップしています(※1)。

BtoBオウンドメディアを運営する方にとっても、集客力を上げるためにBtoBメールマーケティングにあらためて注力するのも有効です!

もちろんSNSで集客する方法もありますが…SNSの運用に慣れていないと、炎上などの心配もありますよね。BtoBならメールマーケティングの方が、低リスクで手軽に集客力をアップできます!

ただBtoBメールマーケティングを始める上で、気になるのがコスト。メルマガ配信ツールにあまり予算をかけられないという方も多いのでは?そこでBtoBオウンドメディア向けに低価格で使えるメルマガ配信ツールと選ぶポイントを紹介します!

※1出典:https://markezine.jp/article/detail/33640

BtoBメールマーケティングにあうメルマガ配信ツールを選ぶときのポイント

無料や月額数百円という低価格で使えるシンプルなメルマガ配信ツールを使うところもあれば、高機能なMAツールを使ってメルマガ配信をするBtoB企業もあります。つまりメルマガ配信ツールって、種類が多く選びづらいんですよね。とはいえコストだけで選んでしまうと、「必要な機能がない」「操作が複雑で使いこなせない」といった問題も起こりがち。

まずはBtoBメールマーケティング向けにメルマガ配信ツールを比較検討する上で、コスト以外に外せない3つのポイントをまとめました。

(1) HTMLメール作成機能があるか

「BtoBメールマーケティングなら、テキスト形式のメルマガを送ればいいのでは?」という考えもあります。実際にBtoBメールマーケティングに関する調査結果によると、送られてくるメールは「テキスト形式がよい」「テキストHTMLどちらの形式でもよい」と回答した人が7割いることがわかりました(※2)。

一方でHTMLメールが好まれているという調査結果もあるんですよね。Hubspotが2014年に行った調査によると、44歳以下の7~8割の人が「HTMLメールを好む」という結果が出ています(※3)。

※2出典:https://b2b-marketing.co.jp/ebook-emailmarke2020/
※3出典:https://blog.hubspot.jp/plain-text-vs-html-emails-data

つまり年代によって考え方が違うとも言えるのではないでしょうか。特にスマートフォンを使ってビジネスメールを読む機会が多い人ほど、HTML形式を好むとも考えられます。

またHTMLメールなら、開封率(閲覧した人の割合)を見ることもできます。テキストメールでは開封率はわかりません!

つまりBtoBメールマーケティングでも、基本はHTML形式。だからメルマガ配信ツールにもHTMLメール機能があるかが重要なんです。特にチェックしたいのはHTMLを知らない人でもHTMLメールを作成するエディタがあるか、という点ですね。

HTMLメールの作成を制作会社に依頼すると、それなりの制作コストがかかってしまいます。またPCやスマートフォンなどで表示が崩れないかどうかのチェック作業も、かなり大変です(経験したことがある方はよくご存じだと思います)。

でもホームページ制作ツールのように、テキストや図形を配置するだけでHTMLメールが作成できるエディタがあれば、こうした問題はクリアできます。

(2) 到達率向上策があるか

メルマガを一斉に配信すると、受け取るサーバが自動的に迷惑メール扱いにしてしまうことがあります。こうなると到達率が悪くなり、実際にユーザーにメールを読んでもらいにくくなりますよね。こうしたメールの到達率低下を防ぐセキュリティ対策として、一般的なのが「DKIM署名」

「DKIM署名」とは、簡単に言うと送信元のメールアドレスがなりすましではないことを証明するもの。最近はメルマガ配信ツールでも「DKIM署名」に対応したサービスが増えています。

メルマガ配信ツールを比較検討する上で「DKIM署名」に対応しているかも、チェックしておきたい重要ポイントです!

(3) 属性や行動でセグメントして配信できるか

メルマガを配信する上で、毎回全員に配信するということは少ないですよね。ユーザーの属性や行動(購入経験者かどうかなど)といった情報で絞り込んで送ることも多いはず。まずはメルマガを送るうえで、どんな項目でセグメントしたいかを考えておきましょう。

その上で思ったようなセグメントで絞り込みができるかどうか、無料トライアルなどを利用して確認しておきたいところ。意外と「この属性ではセグメントできない!」といったケースもあるんです。またセグメントの操作についてもチェックしておきましょう。

チェックボックスで指定するだけなら問題ないのですが、メルマガ配信ツールによっては一旦CSVデータを取りこむケースもあります。BtoBメールマーケティングの場合、担当メンバーが少ないことも多いと思います。セグメント機能は頻繁に使うので、できるだけ作業負担が少ない方が当然使いやすいですしミスも少なくなります!

BtoBメールマーケティング向けメルマガ配信ツール3選

(1)ブラストメール

低価格でありながら、BtoBメールマーケティングに外せないポイントをおさえているブラストメール。メリットは、「HTMLメールエディタ機能」「DKIM署名」という基本をおさえつつ、簡単にセグメントして一部のユーザーだけにメールを配信する機能もあります。

価格面も比較的安く、例えば登録アドレス数が3,000件までなら月額3,000円で利用できます。配信数には上限がないので、急遽配信回数を増やしたい時も追加費用を考えなくてすみます。

シンプルな機能がメインなため、ステップメールといった機能がないところはデメリットですね。また安いプランだと「DKIM署名」機能がついていないというのも気になるところ。

導入社数8,100社超のメール配信システム【ブラストメール(旧ブレインメール)】

(2)Benchmark

世界の50万社以上で使われているメルマガ配信ツール「Benchmark」。メリットはHTMLメール作成機能が充実している点。テンプレートも豊富なので好きなデザインでHTMLメールを作ることができます。

DKIM署名についても対応していて、設定手順をWebサイトで解説しています。もちろんセグメント機能もついています。

またWordPressとの連携機能もあり、他のツールにあるメールアドレスのリストを簡単に取り込めるのもメリットですね。価格もリーズナブルで、例えば登録アドレスが2,500件なら月額4,500円で利用可能。

デメリットとしてはやはり海外で生まれたメルマガ配信ツールなので、日本語対応はできていますが操作性などの面で国内向けではない感じはしますね(好みがわかれるところかと思います)。

またいくつかの機能は有料オプションとなっているので、場合によってはコストアップになりやすいところが気になる点でしょうか。

Benchmark

(3)Will Mail

大手国内企業の導入実績もある国内産のメルマガ配信ツール。メリットは高機能な点ですね。セグメントした対象者だけにメールを配信できるほか、ステップメールを送ることもできます。

またGoogleアナリティクスとの連携機能も便利。IDを入力するだけで、Googleアナリティクスでも効果測定ができるようになります(ここは現場レベルではかなり助かる機能かと思います)。

ただ機能が豊富ということもあり、価格は高め。シンプルプランは月額4,000円~となっていますが、ターゲットメールが送れないなどの制約があります。上位プランは月額10,000円~。また従量課金制のため、配信数によってはかなりコストアップする可能性があります。

小中規模のBtoB企業が使うには、予算的にちょっと厳しいかも。ECなども出がけるBtoB企業が全社的にメールマーケティング向けに使うのに適していると思います!

WiLL Mail(ウィルメール)

まとめ

多数のメルマガ配信ツールの一覧を見てもどれがいいかわからない!ということも多いですよね。そこでBtoBメールマーケティングという視点でポイントを3つに絞りこみ、月額10,000円以下で使えるメルマガ配信ツールを3つ紹介しました。

もちろんもっと低価格のものもあります。例えば「さぶみっとメール配信」というツールは、メール登録数10,000件までで月額3,000円という安さ。でもHTMLメールのエディタ機能がない、DKIM署名対応していないといった点が気になるので今回は3選から外しています。

配信ツールの月額コストはもちろん重要ですが、コストだけで判断するのは避けたいところ。結局使いづらかったり、製作費など追加コストがかかったり…という問題が起こりやすくなります。

あくまで個人的な見解ですが、BtoBマーケティングにおいて、安くて使いやすいメルマガ配信ツールを選ぶなら今回紹介した3つを比較検討するのが近道です!



■ SNS SHARE

RELATED POSTS
関連記事

POPURAR POSTS
人気の記事