オウンドメディア運用を
もっと楽しくするメディア

戦略をもってオウンドメディアを運営すれば、見込客は自然に集まります。
大切なのは、正しいポジションの確立、そして最適なコンテンツの配信です。

WORDPRESS - ワードプレス

Update 2020.07.22

初心者OKなオウンドメディア向けWordPressテーマの選び方

大規模なオウンドメディアや自社コーポレートサイトの構築となると、やはりWordPress関連の作業は制作会社などのプロに任せるべきでしょう。でももう少し規模が小さいブログやサテライトサイトのようなケースでは、自分でWordPressの設定や画面のデザインをやってみたいという方もいるのではないでしょうか?

実際にWordPressの管理画面を使った経験があると、制作会社に相談するときもスムーズになります。スキルアップのためにWordPressにチャレンジしたいという方も多いかもしれません。

とはいえ仕事が忙しいと、なかなか自分でWordPressを扱う時間が取れないですよね。実はここで重要になってくるのが、WordPressのテーマ選び。テーマによっては設定が複雑で時間がかかってしまうこともあります。また英語版のテーマだと、どうしても設定画面がわかりづらいという問題もありますよね。

そこで初心者でも手軽にWordPressにチャレンジできるテーマの選び方をまとめました。あわせてオウンドメディアに向いているWordPressテーマを3つ紹介します!

初心者は無料のWordPressテーマを使うとき注意が必要

以前「オウンドメディアに最適なWordPressテーマの選び方」という記事で、WordPressテーマの選び方を解説しましたが、ここでは制作会社にカスタマイズやデザインを委託するという前提でした。今回のように全て自分でWordPressの対応をしたい場合、また別のポイントを考える必要があります。

サポートがつかないので自力で問題解決する必要がある

まず初心者が気を付けたいのがサポート体制ですね。WordPressのテーマは無料で提供されているものも多いのですが、こうした無料のWordPressテーマは基本的にサポートがつきません。

つまり何か問題があっても、自分で解決する必要があるんです。ちょっとした問題でも、自分で対応するとなるとかなり時間がかかってしまうこともあるので注意したいところです。

特に海外製の無料WordPressテーマになると「管理画面が英語で操作しづらい」「うまく動作しなくても誰にも聞けない」といったトラブルになる可能性もあります。

無料WordPressテーマは機能が限られていることもある

無料のWordPressテーマの中には、機能が最小限になっているものも。もちろんプラグインを追加していけば、必要な機能は増やしていくことは可能です。

ただプラグインをたくさん入れてしまうとオウンドメディアの動作が重くなったり、相性の悪いプラグインを入れて不具合が起こったり…というような心配も出てきます。

初心者が簡単に始めるなら、有料の国産WordPressテーマ

こうした問題を解決するには、無料ではなく「有料のWordPressテーマを選ぶ」という方法があります。有料と言っても1~2万円程度なので、それほどコストアップにはなりません(価格はテーマによって異なります)。

日本製の有料WordPressテーマには、だいたい導入マニュアルがついています。またテーマによっては、導入後に何かあれば問合せができるケースも。日本語で問合せできる体制があれば、初心者でも安心ではないでしょうか。

また有料なのでやはり機能は充実しています。画面デザイン関連だけではなく、SEOや集客関連機能もあらかじめ組み込まれている有料テーマも多くあります

こうしたテーマを使えばプラグインの数も少なく済みますので、設定も簡単ですしトラブルが起こりにくくなります

オウンドメディアに向いているWordPressテーマのTOP3

最近では国産の有料WordPressテーマも充実してきました。そこで特にオウンドメディアに向いている国産・有料WordPressテーマを3つ紹介します!

(1) 独自アクセス解析機能つき!WordPress公式テーマで安心な「LIQUID PRESS」

「LIQUID PRESS」はWordPress公式サイトに登録されている有料テーマ。WordPressが定めたガイドラインに基づいているというお墨付きなので、安心・安全に使えるというわけです。ここは初心者にとって重要なポイントです!

WordPress公式有料サポートテーマ「LIQUID PRESS」について

「LIQUID PRESS」の大きな特徴は「作りがシンプルで動作が軽い」というところでしょうか。SEO(内部対策)やGoogleモバイルファースト対策、AMP対応もすでに施されているので、カスタマイズする必要が少ないのも初心者向けと言えます。

シンプルとはいえ機能は充実していて、SNSのシェアボタンや人気記事表示枠も標準で用意されています。ですからプラグインをあれこれ追加する必要は少ないでしょう。

また独自のアクセス解析機能(ベータ版)がついているのもユニークですね。記事ごとに閲覧数だけではなく、シェア数や独自スコアなどを管理画面に表示。つまりどの記事の効果が高いか、一目でチェックできるというわけです。オウンドメディア的にはこの機能はすごく便利ですよね。

「LIQUID PRESS」にはいくつか種類があり、オウンドメディアには「MAGAZINE」(価格8,900円)というタイプが用意されています。導入時サポート(30日間)がついていることを考えると、個人的にはそれほど高くないと思います。ちなみに継続してサポートが受けられるサブスクプランもあります。

「LIQUID LIGHT」というタイプにはなりますが、無料お試し版もあるので事前に使い勝手をチェックすることもできます。

WordPressテーマ「LIQUID PRESS」の詳細・無料版はこちら

(2) オンライン予約システムが搭載!WordPress有料テーマ「BEAU」

「BEAU」は、個人や小規模ビジネスでオウンドメディアを立ち上げたいときに向いているテーマ。SEOやモバイルファースト対応、人気記事ランキングやSNS連携といった基本機能も充実しています。ただ「BEAU」ならではの機能といえば、予約管理機能でしょう!

予約機能付きWordPressテーマ「BEAU」はこちら

プラグインがなくてもオウンドメディア内にカレンダーを表示させて、直接ユーザーから予約を受付することができます。ヘアサロンやクリニックのほか、オンラインレッスンを実施する事業者に向いているのではないでしょうか。

コンテンツマーケティングから予約システムまで、1つのテーマだけで完結するというのが「BEAU」の大きなメリットですね。

BEAU は19,800円と少々コストはかかりますが、こちらも有料テーマなので導入時のメールサポートが付属しています。

予約機能付きWordPressテーマ「BEAU」について詳しくはこちら

(3) BtoBのオウンドメディアに最適!WordPressテーマ「Emanon」

オウンドメディアとして情報を発信するだけではなく、そこから見込み客を獲得することにフォーカスしたWordPressテーマが「Emanon」です。

ランディングページ機能付きWordPressテーマ Emanon

オウンドメディアとして使える基本機能のほか、「Emanon」が力を入れているのが集客機能です。プラグインなしで、さまざまなSNSと連携できるようになっています。

特に充実しているのがランディングページ機能ですね。メールフォームつきランディングページを簡単に設置できるので、「メールマガジン購読」「無料PDFダウンロード」といったかたちで、見込み客を獲得しやすい仕様になっています。つまりこうした手法をよく使うBtoBのオウンドメディアに最適と言えるのではないでしょうか。

Emanonの考える集客の流れ(※Emanon公式サイトから転載)


有料版は9,800円~となっていますので、こちらもそれほどハードルの高い金額ではないと思います。また「Emanon」では導入時だけではなく利用中のメールサポートもついているんです!これは安心感がありますね(サポート範囲が決まっていますが)。

「Emanon」も無料お試し版として「Emanon Free」というテーマも用意されています。一部機能に制限はありますが、有料テーマを購入する前に使い勝手をチェックすることができる点も安心できるもう一つのポイントです!

Web集客に特化したWordPressテーマ Emanon

まとめ

WordPressでサイトを立ち上げるとき、やはり無料テーマを使うこと多いですよね。でも実際には有料テーマならではのメリットがいろいろあります!特に初心者がこれから自分でWordPressを使ってオウンドメディアの立ち上げたい、というときに有料テーマは便利ですよね。

有料と言ってもそれほど高額なものではありませんので、ぜひ安心・安全に使える有料テーマも検討してみてください!