オウンドメディア運用を
もっと楽しくするメディア

戦略をもってオウンドメディアを運営すれば、見込客は自然に集まります。
大切なのは、正しいポジションの確立、そして最適なコンテンツの配信です。

TIPS - その他

Update 2020.07.10

2020年版キャリアアップしたいWeb担当者が今やること

オウンドメディアなど自社Webサイトを担当しているWeb担当者の皆さん、今後どうキャリアアップしていけばいいのか悩んでいる…という方も多いのではないでしょうか?

そこでWeb担当者としてキャリアパスや、今からキャリアアップに備える方法についてまとめました!

Web担当者には、どんなキャリアアップのルートがある?

現在社内でオウンドメディアを担当している方の場合、キャリアアップする道、いわゆるキャリアパスとしては以下の4つが代表的ですね。

(1) 現在の勤務先でWebマーケティング分野の責任者になる

今の会社の中で、Webマーケティング部の部長というように役職を目指すパターン。ただし会社によってはWebマーケティングを重視していないところもあり、こうしたケースでは社内でのキャリアアップは難しいという現実があります。

(2) 社内Web担当者として、他の事業会社に転職する

職種は変えずに他の企業へ転職するパターン。今までとは違う業界の企業に転職するとい方も結構多いですね。企業や案件の規模が大きくなって仕事の幅が広がれば、よりキャリアアップにつながります。

(3) Webマーケティングに特化した企業(広告代理店など)に転職する

社内Web担当という職種ではなく、Web広告代理店などに転職して専門職としてキャリアアップする方法もあります。クライアントを担当してコンサルティングを行う立場になりますので、より高い専門知識が必要になってきます。現状Webマーケティング業界は成長しているため、求人数は多めと言われます。

(4) Webマーケティングの専門職として独立・起業する

最もハードルは高いですが専門職として経験を積んだ後、自らコンサルタントやアナリストとして独立・起業するというキャリアアップの方法もあります。

Web担当者としてキャリアアップするには、Webマーケティングの知識とノウハウが必要

実はどのキャリアパスもWebマーケティング系のキャリアなんです。Webデザインやシステムの知識も必要ですが、やはりWeb担当者として重視されるのはWebマーケティングでしょうね。ですからWebマーケティングの知識や経験、ノウハウが求められます

ただしWeb担当者の場合、オウンドメディアなど自社のWebサイト運営がメイン。そのため社外のトレンドや最新情報にあまり詳しくない方も多いようです。また社内にWebマーケティングに詳しい人がいないことも多く、なかなか新しい情報が入ってこないという悩みもあるのではないでしょうか。

これでは「Webマーケティングの専門知識がある」とは言えません!そこで普段の仕事とは別に、Webマーケティングの専門知識やノウハウを自分で積極的に学ぶ必要があるというわけです。

独学で本を読むという方法もありますが、正直書籍になっている時点でWebマーケティングの情報としては古いかな、という気もします。また読むだけなので知識量は増えても実践力がつかない心配もあります。

また最新情報を得るために「Web担フォーラム」などが開催している無料セミナーに参加しているWeb担当の方も多いのではないでしょうか?こうしたセミナーは以前スキルアップの記事でも紹介した通り、企画やアイデアなどのヒントになるという意味ではとても有益です。

ただし短時間の無料セミナーでは、実践的なノウハウまで身に着けるのは難しいですよね。じっくり学ぶ機会を設けたいところです。

オンラインスクールなら仕事が忙しくてもWebマーケティングの専門知識を学べる

普段の仕事も忙しいWeb担当者は、じっくり学ぶのは現実的に無理という方も多いかもしれません。そこでキャリアアップの方法として最適なのが、Webマーケティングに特化したオンラインスクールです。最近は、社会人向けにWebマーケティングの知識やノウハウが学べるオンラインスクールも増えています。

オンラインスクールのメリットといえば、まず効率がいい点ですよね。在宅で自分の時間のある時に学べるので、仕事が忙しくても平日の夜や土日など開いている時間で学べます。またオンラインですから、どこに住んでいても受講できます。さらに新型コロナウイルスの影響も受けにくいという点もオンラインならではのメリットではないでしょうか。

オンラインスクールを選ぶポイントは「メンター」

今回Webマーケティングが学べるオンラインスクールを2つピックアップしましたが、どちらもメンターというサポートスタッフがつきます。ここはわりと重要なんです!

在宅で学ぶオンラインスクールの場合、わからないことがあっても質問・相談できる人がいないという問題があります。でもメンターといわれるスタッフがサポートしてくれれば、困ったときに気軽に相談できるので継続しやすいですよね。

またWebマーケティングの実務経験が豊富なメンターなら、いろいろな情報を教えてくれるはず。オンラインスクールを検討するときは、メンターがいるかどうかは必ずチェックしておきましょう。

Webマーケティングをじっくり学べるオンラインスクール2選

(1) 未経験からWebマーケティング業界へ転職する人向けの「DMM Marketing Camp」

「DMM Marketing Camp」は、2019年11月にスタートした新しいオンラインスクール。未経験の方がWebマーケティング業界へ転職するための内容になっています。ただ社内Web担当の方が、将来Webマーケティングに特化した職種へ転職したい時にも使えるかもしれません。

未経験者向けということもあって、最初の2か月間はWebマーケティングに関する基礎的な知識を学ぶことになっています。3か月目には、実際にクライアントへ提案する広告プランニングを作成するワークがあります。

Webマーケティングの知識だけではなく、コンサルティング的なノウハウまで学べるのは大きなポイントではないでしょうか?

「DMM Marketing Camp」 の詳しい内容・価格はこちら

「DMM Marketing Camp」では、現役Webマーケティング担当者がサポートするメンター制度のほか、転職を支援する体制も準備されています。サポート企業にWeb系広告代理店の名前がいくつか掲載されていて、メンターや転職支援はサポート企業と提携していると思われます。

「DMM Marketing Camp」は受講料がちょっとお高いのがネックですが…集中してWebマーケティングの基礎から実践までみっちり学べる環境が整っています。

社内Web担当者としてキャリアアップしたい人というより、将来Webマーケティング専門のコンサルタントとしてやっていきたい方向けですね。

「DMM Marketing Camp」

(2)講期間が選べるのでマイペースにWebマーケティングが学べる「TECH ACADEMY(テックアカデミー)」

「DMM Marketing Camp」は3か月という期間が決まっていますが、4週間から16週間まで受講期間を選べるWebマーケティング講座が「TECH ACADEMY(テックアカデミー)」です。集中して短期間で学ぶこともできますし、余裕をもって少しずつ学ぶこともできます。マイペースにできるというところが特徴ですね。

もともとプログラミング講座が充実している「TECH ACADEMY(テックアカデミー)」。メンター制度がしっかりしているのも特徴のひとつです。

TECH ACADEMY(テックアカデミー)の詳しい内容・価格はこちら

「TECH ACADEMY(テックアカデミー)」でも現役のWebマーケターの方がメンターとしてサポートしてくれます。例えば週2回パーソナルメンターと1to1のビデオチャットができるほか、毎日4時間メンターが待機していてチャットでやり取りすることも可能。

メンター制度が充実していると、オンラインスクールで学ぶのは初めてという方や、継続できるか不安という方には安心ですよね。

「TECH ACADEMY」のWebマーケティングコースは、Webマーケティングの基礎知識のほか、Google Analyticsを使ったサイト分析やWeb広告の出稿・運用方法が学べます。転職は考えていないけれど社内Web担当としてキャリアアップしたい方にも適している内容だと思います。

また「TECH ACADEMY」ではWebマーケティング以外にもいろいろなコースがあるんです。例えばWordPressコースでは、WordPressを使ったサイト構築のノウハウを学ぶことができます。

他にもWebデザインコースや動画編集コースなども用意されているので、Webマーケティングとあわせていろんなスキルを磨きたい方にも向いています。無料体験もあるので、まずはチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

TechAcademyの無料体験