ハウツー

共起語は本当にオウンドメディアのSEOに有効なのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
共起語は本当にオウンドメディアのSEOに有効なのか

オウンドメディアの記事を作成する上で、欠かせないキーワードの選定。SEO効果を上げるためにも、どんなキーワードを記事に盛り込むか毎回悩む…という方も多いのではないでしょうか。

一昔前のSEOでは、「タイトルや見出しにターゲットとなるキーワードをなるべく多く入れる」という手段が一般的でしたが、Googleのアルゴリズムは常に進化していて、単なるキーワードの埋め込みだけでは厳しくなってきました。

一方で最近SEOでトレンドになってきているのが「共起語」の活用です。共起語とは、キーワードとセットで文章に使われやすい単語のことを言います。Googleのアルゴリズムでも共起語をチェックしているという説もあります(※諸説あります)

そこでGoogle検索結果の上位表示を目指すために、キーワードとあわせて共起語を使うところも増えています。その一方で「共起語が本当にSEOに役立つのか…?」と思う方もいることでしょう。

そこで今回はオウンドメディアのコンテンツにおいて共起語が有効かどうか解説します!

共起語と関連語の違いとは?

オウンドメディアのキーワードを選定する際に、まずはコンテンツのメインとなるキーワードの関連語を調べる方も多いのではないでしょうか。関連語と共起語はよく似ていて、重なるワードもあります。しかし明確な違いがありますので、関連語と共起語の違いをまずはチェックしておきましょう。

関連語とは

キーワードと関連性・類似性の高いキーワード。ユーザーがあわせて検索する場合も多く、Googleサジェスト(検索枠にキーワードを入力した際、一緒に検索されやすい単語を自動的に表示する機能)も関連語のひとつです。

例えばオウンドメディアというキーワードでGoogle検索を試してみると、以下のようなGoogleサジェストが表示されます。つまりこれらは関連語にあたります。

オウンドメディア デザイン
オウンドメディア 事例

共起語とは

関連語よりもキーワードとの関連性は薄いものの、文章の中でキーワードとセットで使われる機会が多い単語が共起語となります。例えばオウンドメディアというキーワードの場合「マーケティング」「記事」といった単語が同じ文章に登場する頻度が高いと言われています。これが共起語にあたります。

関連語の場合、なんとなく関連性がイメージしやすいこともあり、ライティングする際にも自然に盛り込みやすいですよね。一方で共起語は一見すると直接的な関連性が見えづらいこともあり、ライティングの際に意識して盛り込む必要があります。

つまり共起語をコンテンツに含めるためには、あらかじめ記事をライティングする前に共起語をリサーチしておくのが基本。その上で原稿を書くライターに共起語を伝え、参考にしてもらうという流れが一般的のようです。

共起語を使うとGoogleの評価が上がると言われる理由とは

Googleの検索結果の上位を目指すには、Google側から高品質なコンテンツと評価してもらう必要があります。Googleが品質を図るための要素はたくさんありますが、特に下記の3つが重要と言われています。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness (権威性)
  • TrustWorthiness (信頼性)

この3つはそれぞれの頭文字をとって「E-A-T」と呼ばれており、SEOにおいて特に重要な要素として注目されています。

実は共起語を意識したライティングによって、このE-A-Tも向上すると言われています。関連語よりもバリエーションの多い共起語を意識するため、ひとつのコンテンツが網羅する情報量も増えます。さらに共起語をベースに深い情報を載せることにつながります。つまり共起語をカバーすることで、E-T-Aつまり専門性や信頼性の高いコンテンツになりやすいというわけです。

共起語はどうやって調べればいい?

共起語がオウンドメディアのライティングに役立つとはいえ、なかなか共起語を自分で考えるというのは難しいもの。そこで、共起語をチェックできるツールを利用するという方法が今では主流になっています。

以前の記事「オウンドメディアSEO調査の手間が激減!無料ツール4選」でも紹介した調査ツールは無料で利用可能。気軽に共起語をチェックすることができますので、オウンドメディアのコンテンツ企画のシーンでも、導入しやすいのではないでしょうか。

共起語検索ツール https://neoinspire.net/cooccur/

ほかにも共起語をチェックできるツールはいくつかありますので、使いやすいと思うツールを探してみましょう。

共起語は、オウンドメディアのコンテンツにどう取り入れればいい?

共起語を大量にリストアップして、すべて網羅するようにライティングする…というのは正直なところ現実的ではありません。あくまで実際のライティングに取り入れやすい形で共起語を活用したいところ。そこで共起語が有効な2つのケースを紹介します。

(1)記事のボリュームが少ないとき、共起語で情報の厚みを持たせる

オウンドメディアではコンテンツを制作するときに、文字数などボリュームを意識することも多いのではないでしょうか。しかし、実際にライティングしてみるとコンテンツのボリュームを増やしづらい…というケースもあります。こんなときは共起語を使ってみるのがおすすめ。

共起語をリストアップすれば、どんな情報を追加するべきかがつかみやすくなります。すでに公開済みのコンテンツを見直し(リライト)するときに、共起語を使って足りない情報を洗い出すという取り組みをしているメディアもあります。

(2)外部ライターに共起語をもとに読者のニーズをつかんでもらう

オウンドメディアのコンテンツを外部のライターに依頼している方の中には、「読者のニーズとちょっとズレた原稿が上がってきてしまった…」という経験はありませんか?ターゲットとなるキーワードだけをライターに伝えると、どうしても読者(ユーザー)の検索意図が汲みづらかったり、発注側の意図が伝わりづらかったりすることもあります。

こんなときは、ライティングで意識してもらいたい共起語も一緒に伝えることで、ライターの理解も深まるはず。ライター側にとっても、ライティングの方向性が見えやすくなるというメリットがあります。

オウンドメディアで共起語を使うときはここに注意

オウンドメディアの中には、「指定した共起語を記事中に×回以上使うべし」と、細かくライターに指示をしているところも時々あるようです。しかしこの方法で高い効果が出るとは言えません。その理由はかえって共起語を無理に入れてしまうことになり、コンテンツのクオリティが下がってしまう恐れがあるからです。

共起語は直接関連性が見えづらいワードもありますので、無理に文章に入れ込もうとするとテーマがずれてしまったり、文章としてわかりづらくなってしまったりする可能性が高くなります。これではかえってGoogleの評価が下がる可能性もあり、SEOの意味がなくなってしまいます。

共起語は、あくまでクオリティの高いコンテンツを作る要素のひとつです。共起語を意識することは大切ですが、オウンドメディアのコンテンツでは違和感のない程度にとどめておく方がよいでしょう。

まとめ

数年前からSEOのトレンドとなっている共起語。共起語に関連した情報を増やすことで、コンテンツのクオリティを高めることにつながります。最近では共起語をチェックする無料ツールもありますので、すでに運営中のオウンドメディアでも取り入れやすいのではないでしょうか。

コンテンツのボリュームを増やしたり、ライターとのコミュニケーションに使ったりと共起語を有効活用できるシーンは多くあります。とはいえ共起語に頼りすぎるのはNG。単に大量の共起語をコンテンツに詰め込んでしまうとかえってコンテンツのクオリティ低下を招き、SEOの効果が下がる可能性もありますので要注意。

SEOに役立つ要素のひとつとして、うまく共起語を活用していきましょう!